★豆しばムービーでホッと一息★
最近の記事

2011.07.15

放射性物質が心配なお魚の食べ方

セシウムやストロンチウムなど
未だに放射性物質を漏えいしつづけている
福島第一原発。

基準値を超えて被曝した牛が食肉用として流通して
しまったり、なかなか思うような対策が講じられず
小さなお子さんをお持ちのお母様など心配は絶えません。

他人まかせにしておけない放射性物質対策。

だから、少しでも安心、安全を確保するためにも
放射性物質のことを勉強したいと思います。
★★キレイのランキング⇒⇒


セシウム、ストロンチウムなどの単語も
悲しいかな…今では一般用語のように
耳に馴染んでしまいました。

一番怖いのが、これらの放射性物質の内部被曝。
そして、汚染された食物からの内部被曝のリスクを
出来る限り低く抑えるために、私たちの出来ること。

お魚を食べる場合のポイントは

★骨をはずして食べること!

これが一番大切なようです。
★★本日の美容と健康ランキング⇒⇒

その理由は、セシウムやストロンチウムのほとんどは
骨に蓄積されるからなんですネ。

特に、セシウムは体内で濃縮される程度を表す係数が高い
そうで注意が必要です。

でも、その多くは骨に蓄積されるので、骨さえ取り除けば
逆に汚染されている魚であっても、ほとんどのセシウムを
除去できることになります。

お魚を食べるときには、骨を除去して
セシウムとストロンチウムの内部被曝を極力防止する。

忘れずに実行しましょうネ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
ダイエットと健康のランキングに参加しています。
皆様の愛ある1クリックで少しでも順位があがると
とてもうれしく、ブログ更新の励みになります。
よろしくお願いいたします。

タグ:放射線物質
14:08 | 放射能の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。